IoTスイッチDIYキット ラズベリーパイの基本設定(Wi-Fi接続など)


1.無線LANの設定(Raspberry Pi Model Zero/Model A+の場合)

※Raspberry Pi Model Zero/Model A+は、UBSソケットが1つしか無い為、以下の方法を推奨致します。ただし、USBハブがある方は、Raspberry Pi Zeroでも「無線LANの設定(Raspberry Pi 2/Pi3 又は ModelB+の場合)」で接続できます。

(WiFiドングル側)

1.自宅(社内)の無線LANルーターのSSIDとKEYを確認します。

2.メーカーの無線LAN子機セットアップマニュアルを見ながら、お使いのPCのUSB端子に、WiFiトングルを差して、接続設定を行います。

3.WiFiが繋がったら、コマンドプロンプトを開きます。
※Windows7の場合の「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「コマンドプロンプト」

4.CUI(コマンド入力)画面で、「ipconfig」と入力して、「Enter」を押します。

5.下記の様に、IPアドレスが表示されますので、紙などに控えておきます。
「IPv4アドレス・・・192.168.XX.XX」

commandImage

Raspberry Pi側

1.Raspberry Piの裏面にあるmicro SDカード挿入口にをmicro SDカードを差込ます。

DSC01228

2.ディスプレイ(モニター)と繋がっているHDMIケーブルを、Raspberry Piに差し込みます。

3.Raspberry PiのUSBソケットにキーボードを繋ぎます。

4.ACアダプターとUSBケーブルを繋ぎます。

DSC01231

5.Raspberry PiとACアダプターを繋ぎ、電源を入れます。(この作業を一番最後に行ってください。)

6.しばらく待機すると、下記の画面が表示されます。「LXTerminal」をクリックします。

7.下記の様な黒い画面「ターミナル」が表示されます。

raspiconsole

8.CUI(ターミナル)画面で以下のコードを入力します。
※{ssid}は、「手順1で調べた、SSID」 {passphrase}は「手順1で調べた、「KEY」を入力します。

sudo sh -c ‘wpa_passphrase {ssid} {passphrase} >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf’

※上記コードはそのままコピペでは使えません。「’」を半角「’」に変換して使ってください。

9.入力後「Enter」を押します。

10.CUI(ターミナル)画面で以下のコードを入力します。

sudo shutdown -h now

11.入力後「Enter」を押します。

12.電源が落ちます。(シャットダウンします。)

13.キーボードをUSBから抜き、WiFiドングルに差し替えます。

DSC01245

14.接続設定完了

 

2.無線LANの設定(Raspberry Pi 2/Pi3 又は ModelB+の場合)

※USBハブがある方は、Raspberry Pi Zeroでもこの方法が可能です。

1.Raspberry Piの裏面にあるmicro SDカード挿入口にをmicro SDカードを差込ます。

DSC01228

2.ディスプレイ(モニター)と繋がっているHDMIケーブルを、Raspberry Piに差し込みます。

3.Raspberry PiのUSBソケットにキーボード、WiFIドングルを差し込みます。

4.ACアダプターとUSBケーブルを繋ぎます。

DSC01231

5.Raspberry PiとACアダプターを繋ぎ、電源を入れます。(この作業を一番最後に行ってください。)

6.しばらく待機すると、下記の画面が表示されます。「LXTerminal」をクリックします。

7.下記の様な黒い画面「ターミナル」が表示されます。

raspiconsole

8.CUI(ターミナル)画面で以下のコードを入力します。
※{ssid}は、「手順1で調べた、SSID」 {passphrase}は「手順1で調べた、「KEY」を入力します。

sudo sh -c ‘wpa_passphrase {ssid} {passphrase} >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf’

※上記コードはそのままコピペでは使えません。「’」を半角「’」に変換して使ってください。

9.入力後「Enter」を押します。

10.CUI(ターミナル)画面で以下のコードを入力します。

sudo reboot

11.入力後「Enter」を押します。

12.Raspberry Piが再起動されます。

13.再起動後、WiFiに接続されますので、以下のコードを入力します。

ifconfig

14.入力後「Enter」を押します。

ipadress

15.IPアドレスの情報が表示されますので、紙などに控えておきます。

16.CUI(コマンドライン)画面で以下のコードを入力します。

sudo shutdown -h now

17.入力後「Enter」を押します。

18.電源が落ちます。(シャットダウンします。)

19.接続完了

 

3.ラズベリーパイとその他機器の配線及び組立、設置

こちらの作業は、IoTスイッチのDIYキット毎に違いますので、そちらの解説をご覧下さい。

「Raspberry Piで監視カメラキット」は、ラズパイとWebカメラを接続するだけで、デバイスの設定完了です。

 

4.お使いのPCから管理画面にアクセス

お使いのPCのブラウザのURLを打ち込む欄に以下のアドレスを入力します。

http://無線LANの設定時に、控えておいた「IPアドレス」/iotswitch/

IoTスイッチの管理画面が表示されます。

configdisplay

管理画面の左側にあるメニュー「各種設定」で、初期設定を行います。

初期設定終了後、トップページの「システム再起動」を押すと、1分以内に「DIYキットのシステム」が起動します。

※監視する扉や引出しを変更するなどの理由で、電源を抜いて、移動する場合、かならずトップページの「電源を切る」を押してから、数秒まって、抜いてください。