Raspberry Pi 3 ModelBの発表と国内販売


ラズパイユーザ及びに、電子工作ファンの方に速報です。

つい先日、Raspberry Pi3 Model Bの国内販売開始のニュースが出ました。情報の出所は、下記サイトをご参照ください。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1602/29/news122.html

また、電子部品・半導体のネット通販大手 RS onlineでも、近日発売の表示がされています。raspi3

http://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=raspberrypi

Raspberry Pi 3 ModelBの勘所

Raspberry Pi 3 ModelBでは、前のモデルより性能が上がっているのは言うまでは無いですが、私が一番注目したいのは、802.11 b/g/nのワイヤレスLANと、Bluetooth 4.1(BLE)の接続機能を搭載している事です。

また、IBM Bluemix のNode-REDが、最新のRaspbianパッケージに含まれているらしく、ラズパイが、IoTプロトタイプのマイコンとして、さらに適したものになりましたね。

Node-REDは、プログラム未経験者でも、直感的に処理のブロックを繋いでいくだけで、アプリケーションが作れてしまうソフトの事です。

ちょっと注意しなければいけない所

新しいモデルの発表を聞いて、ハイテンションになってしまう気持ちは分かりますが、見落としちゃいけないところがあります。

それは、今回のモデルは、電源は、DC5V 2.5Aな所です。おそらく、ラズパイ2が動いていた電源アダプタでは動かない可能性がありますね。

これは、他の人が情報をアップするまで、静観しておきましょう。

 

それにしても、昨年11月のラズパイ Model Zeroの発表からそんなに経っていませんが、ますますラズパイが面白くなってきて目が離せませんね。

ただ、この先、ラズパイの進化の速さについていけるか心配ですw