Raspberry Pi Model Zero 5ドルの新モデル発表


とってもタイムリーな情報ですが、ラズパイの新モデルが発表されました。

情報のソースは、下記URLを参照ください。

http://makezine.com/2015/11/25/raspberry-pi-announces-5-computer-model-zero/

Raspberry Pi 2 Model Bを5000円前後で買った私としては、ちょっとショックでもあり、嬉しくもあります。

Raspberry Pi Model Zeroの性能

英語の分かる方は、上記のURLを見て頂ければ分かると思いますが、以下の様になっています。

  • CIPU: 1GHz Broadcomm BCM2835
  • メモリ: 512MB of RAM
  • ストレージ: microSD
  • GPIO: 26/40 unpopulated through-holes
  • 出力端子:Micro USB、USB On-the-Go (OTG)、HDMI(おそらくマイクロ)
  • 値段:$5ドル
  • 大きさ:W30mm×H65mm

下記サイトの私なりの翻訳

http://makezine.com/2015/11/25/raspberry-pi-announces-5-computer-model-zero/

上記英語サイトをyahoo翻訳を使ってざっくり翻訳してみます。(個人的な解釈の上で翻訳していますので、話半分で読んでください。)

より多くの人に、コンピュータを使う機会を与える為に、このモデルゼロを開発しました。

ラズベリーパイ財団は、低コストの基盤を持っていませんでした。その代り、ボードを教育用として多くのユーザーに使って貰う事で、支えられていました。

今回のモデルを投入する事で、より多くの人に使ってもらえるでしょう。
新しいボードは、イーサネット(LANケーブルコネクタ)とビデオボードが無くなっています。まだ、HDMIコネクタンも標準からマイクロに仕様変更しています。
標準のUSBポートも、2つのマイクロUSBポートに変わます。これらの最小構成は、原価を大幅に下げます。

また、原価を下げているもう1つの要因は、片側のボードにすべての要素を配置している点です。

今までの財団は、50ドルから60ドルの間で、より高性能なラズベリーパイの開発に取り組んできました。
しかし、その考え方を捨て、より多くの人に、ラズベリーパイを使ってもらえる事に方向転換しました。

Raspberry Pi A+は、低コストでラズベリーパイを開発しようというコンセプトのもとに開発した、最初の例でした。
機能を絞る事により、35ドルから20ドルまで、コスト削減する事が出来ました。

また、より高性能なRaspberry Pi 2を作る事は、とても挑戦的な目標でした。それを達成するまでに、2年以上かかりました。ただ、この努力はとても価値のあるものとなりました・・・

っと上記の様な事が書いてあったと思います。

Raspberry Pi Model Zeroが買えるショップ

この商品は、下記のショップで買えるようですが、既にsold outになっていました。残念。
いつ再入荷するかは未定です。

http://www.element14.com/community/docs/DOC-79263

http://pimoroni.com/zero

http://www.adafruit.com/pizero

また、日本では、いつから買う事が出来るのか、どこで買う事が出来るのか分かりませんが、早く触ってみたいものです。

これから、IoTは、ますます面白くなっていきますね。今後が楽しみです。