ArduinoでLチカ(LEDをチカチカ)させる手順


1.Arduinoとブレッドボードの配線

Arduinoとブレッドボードを以下図の様に配線します。

lflash

2.Arduino IDEを立ち上げます。

Arduino制御ソフト、「Arduino IDE」を立ち上げます。

3.Arduino IDEに以下のプログラムを入力します。

int LED_SOCKET = 13; //出力ソケットを13番に設定
int INTERVAL = 1000;//点滅間隔を設定 1000m秒=1秒

void setup() {
// put your setup code here, to run once:
pinMode(LED_SOCKET,OUTPUT);//ソケットを出力として設定
}

void loop() {
// put your main code here, to run repeatedly:
digitalWrite(LED_SOCKET,HIGH);//指定のソケット番号をHIGH(ON)の状態にする
delay(INTERVAL);//指定した時間待機
digitalWrite(LED_SOCKET,LOW);//指定のソケット番号をLOE(OFF)の状態にする
delay(INTERVAL);//指定した時間待機

}

4.検証(コンパイル)をクリックします。

Compile

プログラムにエラーが無ければ、コンパイルされます。エラーがあると、エラーがるソースコードが反転します。(多くは、大文字、小文字の違い、誤字脱字、全角の空白が原因です。)

保存するか聞かれるので、必要な場合、保存先を選んで保存してください。

5.マイコンに書き込みをクリックします。

writting

6.LEDが点滅したら成功